他社iPhone5sケースを使用した感想vol.3 木製+ポリカーボネート(Man&Wood)

マーケティング室より

他社様のiPhone5sケースを使用した感想のお話です。

今回はMan&Wood様の木とポリカーボネート製のケースです。

Man&Wood4

スクリーン側からの写真。

こちらからは、木部分は、見えないデザインです。

 

Man&Wood1

背面が、木製です。

 

側面部分のフレームがポリカーボネートの仕上げとなっています。

背面部分だけですので、全体的に薄い仕上げとなっていますので、ケースを装着して、手に持っても

ケース分大きくなったという印象は、持ちません。

木製部分は、おそらく突き板というものだと思います。

ちなみに突き板とは本物の木をミリ単位で、薄くカットしたものです。という事で、木の表面は、天然木の仕上げになります。

カメラ部分の空きが楕円形で良さそうなんですが、右側は片Rとなっているポイントなのでしょうか。

個人的には楕円形の方が良いのかなと思ってしまいますが、デザインされた方の意図であると思います。

側面から見た感じもフレームがポリカーボネートの為、iPhoneの画面と同じ高さで納まっています。

綺麗な納まりで邪魔にもならないと思います。

Man&Wood3

ロゴマークが右下にあります。

この位置いいなあと思います。

ロゴが小さいので、この位置が一番バランスが良いと思います。

と偉そうにコメントしてしまっていますが、、、。

弊社は、iphone5Sの木製ケース計画中です!

 

craft conference room

http://www.craftconferenceroom.com/iphone5s

よろしくお願いします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>