金沢菓子木型美術館 江戸時代からの珍しい木型が収蔵

日本中には様々な地域に色々な美術館がありますが、特におすすめの美術館の話です。

和菓子の木型美術館の話です。

木型とは、和菓子などを作るために材料を流し込むための型です。

その型は木の塊をのみなどで削って形作ったものです。

たい焼き屋さんは鉄製の型ですが、それが木製のものが木型といいます。

それら木型を多く集めている美術館が金沢にあります。

「金沢菓子木型美術館」

kanazawakashikigata-museum-1

1625年創業の老舗和菓子屋の株式会社森八のお菓子の木型です。

1000種類以上の木型が展示されています。

しかも江戸時代から現代までのお菓子作りに使用されていたというもの凄い年代ものの木型です。

江戸時代の和菓子ってどういうものなんでしょうかね、、、。

特に木に興味がある方で和菓子に興味のある方は大変楽しめる美術館ではないでしょうか。

そして金沢菓子木型美術館は、GOOD DESIGN賞を受賞されています。

上部画像にあります天井の照明演出もきれいですが、壁面に沿った木型のガラスケースの部分が

浮かびあがっているような照明計画も見ごたえあります。

明暗の強いコントラストが良い感じです。

さらにこちらは両側が木型ケースで囲まれている空間です。

kanazawakashikigata-museum-2

通路に近い寸法の通路幅のため木型に囲まれた稀な空間を体感出来るのではないでしょうか。

ちょっと気になった事は、天井近くの木型は見れるのでしょうか、、、。

しかし、天井いっぱいまで木型を展示しないとこのダイナミックさは演出出来ませんので、

上部の木型は何となく形が分かれば良いのかなあと思います!

 

金沢菓子木型美術館は、日本三大庭園の一つ「兼六園」からも300メートルぐらいという距離にあります。

金沢に行かれた際は、是非オススメです!

 

金沢菓子木型美術館

http://www.morihachi.co.jp/blog/?p=415

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>