クオバディスの手帳 2014年ver発売

先日大事な手帳を無くしてしまい、手帳の購入を考えています。

しかし今年も残すところ約3か月なので、今年は、一旦簡単な物を購入し、来年用に良いものはないかなあと

探していましたら、雑誌でクオバディスの手帳の紹介記事がありましたので、ちょっと調べました。

大変使用しやすそうだったので、紹介しておきます。

ちなみにクオバディスは、フランスのブランドです。

quo-vadis2014

以下クオバディスHPより引用

「世界で初めて見開き一週間の「バーチカルタイプ」を考案し、誕生以来およそ半世紀にわたって世界中で

愛用されてきました。また、こだわりの紙質や製本クオリティの高さが、最高の書き心地を約束してくれます。

ライフスタイルに合わせて、アポイントや覚書、そしてたまには落書きなど、自由に書き込んでみてください。

使うほどに“クオバディス”の魅力を実感できるはずです。」

さらに引用します。

「アジェンダプランニングダイアリーは、
クオバディスが世界で初めて見開きページに一週間を機能的にオーガナイズしたバーチカルタイプのダイアリーです。
当時「発明」と言わしめたそのフォーマットは当初より高い完成度を誇り、誕生から50年以上ほぼ変わらぬまま。
いまや世界中の人々に愛用されています。」

 

様々な書式の種類の手帳があるんですが、

一番良いと思った点は、1ページの見開きに対して、1週間分のスケジュールが書く事が出来る仕様になっています。

さらにその中の1日のスケジュールは1時間単位で記入が出来る仕様であり、また手帳のサイズが程良く大きいところに

魅かれました。

Executive

こちらは、Executiveタイプです。

大きすぎず、小さすぎず16センチ四方の正方形サイズです。

こちらの手帳の特徴を簡単ですが、まとめておきます。

1.1日1週間の最優先事項、メインイベントの書き込みが可能

2.1日のタイムスケジュールが書き込める

3.週ごとにこのミシン目を切り取っておきます。そうすればその週のページをダイレクトに開くことができます

4.年頭から数えて今日は何週目か、何日目かを表示出来る

5.1ページごとに前後3カ月分の月間カレンダーが載っている

6.to DOリストを書き込める

 

現在でこそ、上記の特徴を持つ手帳もあるかと思いますが、当時は大変斬新だったようです。

Business

こちらは文庫本サイズのBusiness

 

2014年にクオバディスはブランド生誕60周年を迎えられるようです。

ホームページにこれまでの歴史が紹介されていますし、様々な種類の手帳がありますので、

是非御覧頂ければと思いま~す。

Quo Vadis

http://www.quovadis1954.jp/

9月に一般発売されるようです。

来年の手帳は、手帳のパイオニアのクオべディス製にします!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>