カテゴリー別アーカイブ: アパレル

こちらは好きなアパレルやオススメの商品のお話です

イセタンメンズ×Begin 世界の傑作モノ博2013 ライカ別注品

イセタンメンズ×Begin 世界の傑作モノ博2013が、昨日9月18日から始まりました。

去年は台風によりあきらめてしまったので、前から今年は行きたいと思っていましたが、

諸事情により今年も行けないんです。

今年行かれる方のために書きたいと思います。

 

今年最も注目しているのは、これです!!!!!

leica-camera

ライカの別注物です!!!

大変驚きです。

ライカはBegin傑作モノ博初登場のようです。

ライカ=黒というイメージがありますが、ブルーとイエローのカラーの組み合わせです。

「ライカX2」のスペシャルなカラーです。

こちらにはグリーンのストラップが付くようです。

良いですよね。好きなカラーです。

東京・大阪会場のみの販売で、さらに販売数量限定のようです。

 

こちらのブログで以前ご紹介させて頂きました中田ハンガー様のハンガー

nakatahanger-mtfuji

今年は、世界遺産となりました富士山をイメージしたハンガーです。

遊び心のあるハンガー楽しいですね。青の部分の色も良いですよね!!!

 

briefingbag

ブリーフィングのネイビーカラー。珍しいですよね。

他にもカナダグースの細身モデルのブルーカラーのジャスパーやオロビアンコのバナナショルダー、ラペッツォの光を貯める蓄光糸という素材を使用した靴下など(この靴下は、白い部分から星が見えるようになっているようです)
珍しいものいっぱいあるようです。

珍しいもの見るのって好きです。

楽しいですよね!!!

 

行けなくて、残念です。。。

 

開催日時と場所は、下記となるようです。

伊勢丹新宿店本館7階=催物場・バンケットルーム

9月18日(水)~23日(月・祝)

 

JR大阪三越伊勢丹10階=催物場

10月2日(水)~7日(月)

 

岩田屋本店本館7階=大催物場

10月9(水)~14日(月・祝)
イセタンメンズ×Begin 世界の傑作モノ博2013

https://www.facebook.com/monohaku#!/monohaku

 

 

diadoraスニーカーFW2013 COLLECTION オススメです

本日は、ディアドラのスニーカーです。

diadora-sneakers11

FW2013 COLLECTION

 

ディアドラというブランドは、サッカーやっていた方にはなじみのあるブランドかと思います。

確かサッカースパイクはかかと部分が深く、横も広かったような気がします。

 

ディアドラはイタリアのブランドです。

そのディアドラのスニーカーが良いんですよ。

珍しい仕上がりが特徴です。

diadora-sneakers9

diadora-sneakers8

FW2013 COLLECTION EQUIPE S.SW

FWとはfall、winterの頭文字だと思われます。。

スエードレザー(ストーンウォッシュ加工)です。

ヴィンテージ風な仕上がりで、レザー素材のため、カジュアルシックな装いにも合わせやすいと思います。

 

diadora-sneakers14

diadora-sneakers3

 

diadora-sneakers1

SS2013 COLLECTION

個人的にはこの組み合わせが一番好きです。

他のカラーの組み合わせも絶妙です。

現在も一部の店舗で取扱っているようです。

キャンバスとスエードレザー(ストーンウォッシュ加工)の仕上げです。

違う可能性もありますが、FW2013  COLLECTIONのレザー部分よりもSS2013 COLLECTIONのスエードレザーの部分が

荒い仕上げのように感じます。

個人的にはこのぐらい荒い方が、好きです。

 

季節も夏の暑い季節から秋に突入となりまして、サンダルからスニーカーを履く機会が増えるのかと思われますし、

スエードレザーのディアドラスニーカーは、秋、冬の寒い時期にオススメです。

セレクトショップ、百貨店で販売されていくようです。

SS2013 COLLECTIONは、確かビームス横浜でも販売していたと思います。

 

FW2013 COLLECTIONの取扱い店舗はまもなく下記URLウェブサイト上にて公開されるようです。

その他の商品ラインもありますので、是非御覧ください。

 

ディアドラのスニーカーオススメです!!!

 

DIADORA HERITAGE OFFICIAL WEBSITE – JAPAN

http://www.diadoraheritage.jp/

 

トゥモローランドのバブアービデイル2013年モデル

バブアービテイルです。

いつか書こうと思っていまして、良い機会がありましたので、今回書きます。

tomorrowland-Barbour2

2013年のトゥモローランド別注のバブアービテイル

 

バブアーは経年変化が、楽しめて、秋から冬にかけての定番物としてオススメです。

ちなみに今持っているのは、3代目です。

現在は、確か一昨年ぐらいに???購入しましたSHIPS別注のバブアー スリムフィットビデイルを着ています。

以前バブアーから発売されていたバブアービテイルよりもタイトフィットしますので、シルエットが綺麗で、

今までで一番気に入っています。

良く言われいる事ですが、かつてのバブアーは確かにオイルの臭いがしましたが、

去年シップスで購入したビテイルは、オイルのにおいはほんの少しにおうかなという程度です。

 

そして、今年シップスからは新しいカラー展開がされています。

ships-Barbour1

シップスのバブアービデイル。グリーン以外にブルー、レッドのカラー展開だそうです

 

さらに今年もトゥモロ―ランド別注のバブアービデイル。

素材が驚きです。

バブアーの定番オイルドクロスに替えて、濃紺のウールファブリックの仕上げのようです!!!

tomorrowland-Barbour4

トゥモローランド別注のバブアービテイル

 

一般的にバブアービデイルは、カジュアルにもスーツにも合いますが、

今回のトゥモローランド別注モデルはよりシックな装いに合そうな気がします。

 

9月6日(金)から発売されているようです。

カラー展開はネイビーだけなのでしょうかね。。。

気になります!!!

 

tomorrowland

http://www.tomorrowland.co.jp/

 

ザ・ノース・フェイス ネイビーのアルパインライトパンツ (雑誌[Begin]掲載)

長い間思っていた事があります。

アウトドアパンツのシルエットが、膝下から掛けてもう少し細いのはないのだろうかとずっと思っていました。

同じような思いの方がいらっしゃるかと思いましたので、今回こちらで書きます。

その要望を解決しているパンツが、ザ・ノース・フェイスのアルパインライトパンツです。

alpine-light-pant1

アルパインライトパンツ ネイビー(コズミックブルー)

 

一般的なアウトドアパンツとは違いまして、アルパインライトパンツの膝下はシルエットが非常に綺麗です。

そんな綺麗なシルエットとなると本格的なアウトドア時の激しい動きや足上げの際は大丈夫だろうか?窮屈になるのでは?と

思ってしまいますが、アルパインライトパンツの素材は、ストレッチ素材という点であり、さらにさらに膝部分を立体裁断にしているので、膝の曲げ伸ばしや、鎖場、岩場でも体の動きに合わせて形づくられているようですので、ハイキングはもちろんクライミングまで対応出来るようです。

履き心地もかなり快適のようで、専門的な山岳ガイドにも愛用されているようですので、

本格的なアウトドアに使用しても問題ないのではないでしょうか。

そして、アルパインライトパンツの存在すら知らなかったのですが、今回ニューカラーとして、ネイビー(コズミックブルー)が

発売されたようです!!!

雑誌Beginにはネイビー(コズミックブルー)という事もあり、ロールアップをすれば、街履きとしてもオススメという記事が

掲載されていました。

ちなみに今までアルパインライトパンツのカラーは、ブラックとアスファルトグレーのようです。

 

alpine-light-pant2

こちらのカラーはブラックです。横からのシルエットを見ると確かに膝下細いですよね!!!

 

街履きも出来て、アウトドアにも対応出来るネイビー(コズミックブルー)のアルパインライトパンツ。

オススメです!!!

状況により在庫切れかもしれませんが、ザ・ノースフェイスの公式通販サイトURL載せておきます。

 

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)公式通販サイト

http://goldwinwebstore.jp/shop/u_page/tnftop.aspx

 

キールジェイムズパトリックとブルックスブラザーズのコラボブレスレット

先日何かのファッション誌を見ていた時に気になったブレスレットがありました。

キールジェイムズパトリック(Kiel James Patrick)カのアドですが、

そのキールジェイムズパトリックとブルックスブラザーズがコラボしてデザインされたブレスレットです。

今回ブルックスブラザーズと組み、ロープ素材のブレスレットも含め、レジメンタルストライプタイと同じ素材のシルク素材を使用したものなども発売されています。

キールジェイムズパトリック単独ブランドのブレスレットよりも、シックな素材も使用しているようですね。

 

ブルックスブラザーズとキールジェイムズパトリックコラボブレスレット

 

キールジェイムズパトリックのデザイナーのキール氏は学生時代、アンティーク衣料や古着に夢中になり、現代のファッションでは表現出来ない、古着のシンプルさと優れた職人の技に魅了され、自身の古着からブレスレットやベルトを作っては、自分自身で身に付け、その評判が友人達から広がり、2008年にブランドを設立されたようです。

デザインされるアクセサリーは、一つ一つアメリカ国内で手作りされているようです。

元々キールジェイムズパトリック単独ブランドではロープ素材のブレスレット等を発売しています。

KIELJAMESPATRICK2

キールジェイムズパトリック単独デザインのブレスレット

 

KIELJAMESPATRICK1

キールジェイムズパトリック単独デザインのブレスレット

 

こちらも色鮮やかでカラフルですよね。

ロープの太さも細すぎず、太すぎずな感じです。

やりすぎないセンスが!!!良いですよね!!!

 

この季節ブレスレットはワンポイントオシャレですよね~~~。

遊び心のあるRODAのポケットチーフ

ポケットチーフってパーティ以外では、何となくちょっとやりすぎじゃないかなあと

思う人がいると時々聞きますが。。私もちょっと思います。

でもチーフってブレスレットや指輪等と同じようなちょっとしたお洒落感覚で身につけたいですよね。

とは言っても僕も数枚しか持っておりませんが。。

ポケットチーフの生地(素材)は、大きくリネン(麻)とシルク(絹)の2種類に分けられます。コットン(綿)のものもありますが、これは少々カジュアルなのかなと思います。

しかし、リネン、シルクは、ビジネスシーンにもカジュアルにも合わせられると思います。

しかもチーフって消耗しないので、ずっと使えるんじゃないかと思いますので、費用対効果が高いと思います。

そこで、本日のおススメはポケットチーフブランドの

RODA(ロダ)のお話です!!!

ロダはイタリアの会社です。

カラフルなチーフやクラシックを残しつつ、斬新なアイデアを取り入れたポケットチーフが多くあります。

ロダのチーフ

八角形のチーフ

色奇麗ですよね。

 

 

ロダのチーフ3

ラウンド型のチーフ

ポケットに入れてしまうと、八角形や丸型いう形は見えませんが、見えないオシャレと言いますか。。。

自分が満足出来れば、いいんです!!!と思います。

実はこのチーフ実は丸なんだよね~と。

特に誰かに言う機会がなくてもなんか楽しいんじゃないかと。。。

ロダのチーフ2

シンプルなチーフもあるようです。

RODA ロダは、ホームページが見当たりませんでした。

RODA チーフなどで検索しますとネットショップのサイトが出てきます。

 

 

ボルサリーノのカジュアルシックな帽子

本日は、帽子メーカーのボルサリーノのお話をしたいと思います。

ボルサリーノは、1857年にイタリアのアレッサンドリアにて創業されました。

アレッサンドリアはミラノから南西に80キロの位置です。

創業150周年を経た今日でも、今世紀初頭の機械と木製型を使った職人の手作りだそうです。

普通の帽子メーカーは帽体専業メーカーから帽体を購入して型押し以降の工程を行っていて、

フェルトの帽体から一貫生産しているのはボルサリーノだけとの事。

パナマ帽子は程よい光沢感があり、素敵です。

さらにさらにサマーフェルトという素材は非常に軽く、羽のように軽いそうです。

さらにパンチングが施されているため、夏に被っても日除けにもなり、気持ちよさそうです。

カラーが絶妙です!!!

ボルサリーノの帽子

下記のページのボルサリーノの歴史はしびれます。

非常に簡単に書きますと帽子業界はイギリスとフランスがリードしていて、イタリアはその狭間の位置であった。

しかし、イタリア人のボルサリーノさんが会社を起こし、品質にこだわった帽子を製作されて、現在は世界中から愛されている帽子ブランドとして、発展されたようです。

モノクロ写真は、ボルサリーノの本社なのでしょうか?。。

渋すぎます。

Borsalino ボルサリーノ

http://www.borsalino-japan.com/

 

皮の魔術師!ビルアンバーグのロケットバッグ

本日はビル・アンバーグのロケットバッグなどの話です。

ロケットバッグは横から見た形がロケットのような形であるため、

ロケットバッグというネーミングになったようです。

ダレスバッグっぽいオーソドックスな形に近いといえば近いが、

シルエットがシャープでハンドル部分がアルミ製のため、非常に斬新なバッグです。

かっこ良っす~~~。

ビルアンバーグのロケットバッグ

ハンドル部分だけの素材を変えるだけで、こんなにも全体の印象って変わるものなんですね。

全体的に使用している素材よりも少ない面積にも関わらず、

もっとも重要な部分なのかなあとも思います。

こちらは、ブラウン

rocket-brown

どっちか選ぶとするとブラウンとアルミハンドルの組み合わせの方が好きです。

少々気になる点を上げさせて頂きますと。

太い持ち手が手に馴染むのかがどうなんでしょうかね、、、。

こちらは、モダントラベラー

modern traveler

パンチングレザーシリーズのデザインです。

パンチングって靴でもカバンなどでも流行りの時期があるのかもしれませんが、

でも良い感じです。

モダントラベラーというネーミングがgood!な感じだと思いませんか?

好きなネーミングの響きです。

 

ビルアンバーグ氏は「皮の魔術師」などと称されるロンドンのデザイナーです。

生まれが革で有名なイギリスのノースサンプトンです。

ノースサウストンという環境がビルアンバーグ氏を育てられたのでしょうか。

常に新しい皮の表現をされています。

いつまでも新たな工法に挑戦する取り組みと素敵なデザインのバッグを

発売している結果の部分ともに尊敬します!!!

新商品が発表される時など常に注目したいブランドの1つです。

 

自分も常に好奇心を持って、色々と挑んでいきたいと思います!!!

自分も、、とか言うのもおこがましいのではありますが、、、。

 

下記のビル・アンバーグ公式サイトでは色々な皮革製品が見れます。

日本で販売されていないような商品もありますので、楽しいですよ!

 

Bill Amberg(ビル・アンバーグ)

http://www.billamberg.com/