カテゴリー別アーカイブ: 1つだけでも欲しい名作家具

1つは欲しい名作家具

バタフライスツール

夏はやはりバタフライですね。。。

 

本日はバタフライでもバタフライスツールのお話です。。。

誰もが一度は目にされた事はあるかと思いますが、こちらは名作中の名作ですよね!!!

1954年に発売されました。

 

ご存知の方も多いかと思いますが、柳宗理氏がデザインされています。

バタフライスツール1

羽を広げた蝶のような姿からバタフライスツールという名前を、天童木工の事務所内で何気なく使っていた呼び名がそのまま商品名になったそうです。

左右対称の成型合板が、細い一本の金属棒によって接合されているという単純な形態です。

 

この完成までには模型を作られたり試行錯誤の連続だったそうで、計画から5年あまりの研究の後に天童木工様が

製作されたようです。

地面に接する脚の部分は、安定性と畳で使用する事を考慮し、若干の曲げ加工を施しているようです。

バタフライスツール部品

画像は、天童木工ホームページより

非常に少ない部材から構成されていますね!!!

普通、合板は9ミリが一般的な厚さにも関わらず、7ミリという厚さのようです!!!

別売りでクッションも発売されていますが、クッションなしでも座り心地は快適ですよ!

 

素材は、ローズウッドとメープルの2素材で発売されています。

バタフライスツール2

上の写真はメープルですが、

初代モデルはブラジリアンローズウッドだそうです!!!

 

ブラジリアンローズウッド

上の写真がブラジリアンローズウッド。

 

日本のお寺等に多く見られる左右対称のシンメトリーという形態。

かっこ良く、そして決して飽きないですよね!!!

 

天童木工様

http://www.tendo-mokko.co.jp/

 

オンラインショップもあります。

天童木工オンラインショップ

http://shop.tendo-mokko.co.jp/

 

 

 

 

 

マックスビルのスガビッロ シンプルイズベストな椅子

マックスビル氏デザインの椅子です

「sgabillo(スガビッロ)」

スガピッロ

スガビッロとは、イタリア語で椅子という意味です。

スガビッロは1950年にデザインされました。

一度は見た事がある方が多いかと思いますが、

最も好きな椅子の1つなのでこちらのブログでも取り上げました。

マックスビル氏は、スイス出身でバウハウスで学び、建築家、デザイナーとして活躍されました。

ウルム造形大学の初代学長に就任し、学生のためにデザインされた椅子と言われていますが、

実はイタリアの家具メーカーのためにデザインしたとの事です。

マックスビル氏デザインの腕時計がユンハンスから発売されています。

junghans-maxbill

時計雑誌にも頻繁に掲載されています。

定番な時計です。

余計な装飾を排除したシンプル美の時計です。

文字盤が日焼けしてしまった場合も良い感じになりそうな貴重な腕時計です。

 

椅子の話に戻ります。

椅子の木素材は、スプルース材とビーチ材を使用されています。

スプルースは、アコースティックギターのトップ部分やヴァイオリンやチェロ、ギターなど

弦楽器の甲板やピアノの響板、建築資材にも使用されています。

ビーチは、内装材、床材、スキー板、筆やハケ類の柄、木製玩具、食品容器にも

使用される丈夫な木種です。

スガピッロ2

こちらの椅子の特筆すべき特徴として、釘を一本も使用していない点です。

座面と側面の板は組継ぎという接合方法にしています。

それから、横に伸びる丸棒と側板部分は、くさび細継ぎという接合工法にしています。

 

椅子としては機能はもちろんの事、床に座った時には小机に、横にすれば踏み台にもなりますし、

さかさまにして、丸い部材を持つ事で、持ち運びもしやすい等様々な場面で使用出来るデザインです。

木材のシンプルな直線美と多機能性を兼ね備えた椅子です!!!

腕時計同様スガビッロもシンプルなデザインのため、飽きる事もなさそうですよね。

さらに経年変化も楽しめそうですので、さらに名作家具と言われる椅子の中でも

良心的なお値段!です。

いい事づくしですね!

いつか欲しいです!

スガビッロは、ヤマギワオンラインストアで販売されています。

 

ヤマギワオンラインストア

http://shopping.yamagiwa.co.jp/

 

NY CHAIR(二―チェア)は、ロッキングチェアオススメNo.1です!

NYチェア(ニーチェア)は、ロッキングチェアーの名作中の名作椅子です。

新居猛(ニイタケシ)氏がデザインされて、1970年に発売されました。

設計された新居猛氏のコメントです。

「安くて丈夫で座りやすく、どこにでも置けて折り畳める。

食べ物でいうならライスカレーのような椅子を作りたかった」

ライスカレーのような椅子。。。

「NYチェアX」

ニーチェア

素晴らしいデザインの家具やプロダクトが、収蔵されているニューヨークの近代美術館MOMAにも

永久コレクションとして収蔵されています。

また国内のグッドデザイン賞にも受賞されています。

発売から40年経過していますが、現在も国内、海外含め数十万脚という出荷数との事。

凄くないですか!!!この数。

「NYチェアX」

ニーチェア2

人間工学に基づき、背もたれや椅子の角度等が設計されています。

そして、座った時の感触も体のどこかが苦しいところがなく、安心して体を椅子に預けられるぐらいの

座り心地の良さがあります。

また折り畳み可能なので、室外はもちろん室内での未使用時もコンパクトに

収納出来ますので、便利です。

和室でも洋室でも合うシンプルなデザインです!!!

「Mチェア301」

Mチェア

その後、Mチェア301という新シリーズも発売されています。

特徴として背もたれ部分の素材が、banexに変更になっています。

banexとは

「バネックス は、特殊なポリエステル素材を、独自の織編組織に作り上げることで、

布に「バネ」の機能を持たせる事に成功した次世代ファブリックです。

バネックスは、椅子に求められる“適度な弾力性”と“効率よく体圧が分散される構造”を、

ファブリック一枚で実現し、従来の椅子に必要であったウレタンフォームや、金属バネを不要にしました。」

(川島織物より転載)

メッシュ状で、背もたれ部分のみ取り外してクリーニング等出来るようです。

 

デザインも良く、座り心地も良く、値段も良い。

完璧な椅子です!!!

一般的に名作家具と言われる家具でデザインは好きと思う家具は

沢山あります。

しかしデザイン、機能性、そしてお値段も良心的と3点揃っているのは

なかなか少ない。

しかもロッキングチェアは少ないのでオススメです!

MOMAストアで販売されています。

 

MOMAストア

http://www.momastore.jp/

 

計算し尽くされた究極の照明 ペンダントライト PHランプ

ペンダントライトのお話をしたいと思います。

ペンダントライトでは名作中の名作です。

どなたでも一度は見た事ある照明器具の部類に入るのでないかと思います。

「ルイスポールセン PH5ランプ」

phランプ

1958年に発売されていますが、50年以上経過していても、デザイン、機能面においても

現代の照明器具と比べても劣っているところが見当たりません。

それは、造形美もさる事ながら機能面が素晴らしいからです!

PH5ランプの特徴は、独特のカーブとグローブ。また内部の反射板を精密に組み合わせる事によって、

不快な眩しさを抑えています。

さらに照明器具内部を赤色と青色の仕上げにし、白熱灯の赤い色味を

補正して調度良い色とされているようです!!!

そして、上部のグローブ隙間といいますか、、。ほのかに柔らかい光が出ています。

まるで間接照明のような光です。

1台のペンダントライトにおいて、直接照明と間接照明の効果がある照明器具は、

おそらくないのではないでしょうか。

この機能的な特徴を知るのと余計によく見えてきませんか。

様々な機能を充足させる事で導かれた究極の照明器具デザインなんです。

ルイスポールセン (ルイスポールセン氏)

さらに1994年発売の「PH5プラス」が発売されます。

特徴としては、150Wまでの白熱電球が使用出来るようになりました。

さらにグローブ部分を白色塗装にする事で光の反射効率アップを図っています。

また蛍光灯も使用でき、公共施設やオフィスなどでも使用出来るようになりました。

しかし、公共施設において見た記憶はあまりないですね。

図書館の大きいサイズのテーブルや受付カウンターの上部に使用しても良さそうですね。

そして、そして「PH5」から50年が経過した2008年に「PH50」が発売されています!!!

特徴としては「PH5」よりもシェード表面の仕上げが光沢の強い仕上げとなっているようです。

さらにグローブ部分の色がホワイトだけではなく、ブラック、レッド、ブルー、グリーンが加わりました。

ph50

このカラーのなかで一番合わせやすそうなのは黒になりますかね。

アクタス様で販売されています。

 

アクタス

http://www.actus-interior.com/