カテゴリー別アーカイブ: その他デザイン

その他のデザイン情報

くつろげる気持ちの良い美術館 横須賀美術館

いつか行きたいと思っていた美術館に行ってきました。

yokosuka-museum1

横須賀にある横須賀美術館です。

ブルータス等の美術館特集の時によく取り上げられている美術館です。

設計は、山本理顕設計工場設計様です。

海の近くの立地ということで、塩害からの被害を抑えるためにガラスを多く用いられた

建築物となっています。

建物の多くの部分が地下に埋まっているので、高さが抑えられた建築となっています。

周辺環境、景観との関係性を考慮されている美術館です。

 

横須賀美術館4

基本的に美術館は、ちょっと堅苦しいイメージだと思われますが、

横須賀美術館には、敷地内にくつろげる芝生が広がっています。

さらに芝生の先には道路を挟んで海と空が広がっています。

横須賀美術館2

芝生から見る景色は、こんな感じで〜す。

広い空と海の景色により、特に天気の良い日はリラックス出来そうですよね。

さらに美術館の海とは逆側は緑に囲まれ、視覚的にもくつろげる美術館です。

横須賀美術館5

ちなみに夕方到着したので、全体的に写真はちょっと写真は暗いんですが。

日中や天気の良い日の写真でしたら、さらにこの美術館や周辺環境の良さが伝わる写真が

撮れたんですが、、。

 

アクセス情報です。

電車で行かれる場合はややアクセスしにくいんですが、2つの駅からバスが出ています。

横須賀線の横須賀駅から観音崎行のバスで35分。バス停から3分で到着です。

もしくは京急線馬堀公園からバスで10分。バス停から2分です。

 

海沿い歩くのも気持ち良さげですよ〜。

横須賀美術館近くの海

 

横須賀美術館公式サイト

http://www.yokosuka-moa.jp/

おすすめ額縁会社 豊富なデザインからサイズオーダー可能 ジンプラ

おすすめの額縁会社様です。

「ジンプラの額縁」

jinpra (ジンプラホームページより転載)

 

絵画や写真などを飾る額縁は、どのように購入されていますか。

額縁はおおよその規格サイズが決まっていますので、

写真に関しては額縁のサイズに合わせて、ある程度バランスの良い大きさに写真を引き伸ばす事も出来ます。

しかし写真のサイズがある程度イメージされていて、後から写真に合うサイズの額縁を選ぶという時、

ぴったりサイズでなおかつ写真に合うテイストの額縁ってなかなか見つけるのって、大変ですよね。

そんな好きなデザイン好きなデザインの額縁を探している方にオススメなのが

東京恵比寿に本社がある株式会社ジンプラという額縁会社様です。

好きなデザインで好きなサイズの額縁を製作して頂けます。

株式会社ジンプラは森アーツセンター、東京ミッドタウンの行われた展示の際の額縁や

アパレル店舗がジーンズを展示するための額縁なども製作されていますので、

高品質な額縁に仕上がると思います。

さらに300種類以上という多くの数の棹が揃っています。

イタリアやスペインのモールディングやクラシックテイストの額縁やシンプルな額縁や

アンティーク風の仕上げなどまで豊富なデザインの中から選ぶ事が出来ます。

 

さらにDIYされる方にもおすすめの理由があります!

DIYでゼロから額縁を製作するのはトリマーなどの道具も必要です。

断面形状がシンプルの額縁でしたら、DIYで製作可能かもしれませんが、

クラシックな形状の額縁となるとなかなか難しいですよね。

そんな方にもオススメなのが棹だけを好みのサイズにカットして頂けます。

組み立ては自分でやりたいという方にもオススメです!

 

恵比寿駅と代官山から徒歩5分のところにショールームがありますので、

実物が確認出来るのも貴重ですよね!

 

下記サイトで詳細確認出来ますよ。

 

株式会社ジンプラ 東京恵比寿ショールーム

http://www.jinpra.co.jp

 

都市部では見れない広大で幻想的なLEDアート 「Gift for Frozen Village 2014」 

本日は、広大で幻想的なLEDのアートの話です。

高橋匡太「Gift for Frozen Village 2012」

Gift for Frozen Village 2012-1Phot Osamu Nakamura

2012年に新潟県十日町市の越後妻有で、高橋匡太氏が来場者の方とLEDを雪の中に埋めたアート。

LEDの数は、1万個だそうです。

非常に幻想的ですね!

Gift for Frozen Village 2012-2

そして、2014年も「Gift for Frozen Village」が行われるようです。

2014年は、今まで1万個だったLEDライトが2万個用意されているようです。

広い土地で大規模なアートというのは、都市部においては土地の問題もあり、

実現は難しいのではないでしょうか。

都市部では、決して実現出来ないアートですよね。

越後妻有という豪雪地帯であり、広大な土地があって始めて実現可能なアートですよね。

オススメです!

 

高橋匡太氏以外の方のアートも見れるようです。

下記URLで詳細確認出来ます。

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]2014冬 企画展 Lights in Snowland

http://www.echigo-tsumari.jp/news/2013/12/news_20131202_01

期間 2014年1月11日~3月23日

 

そして、3月1日(土)には打ち上げ花火も上がるようです。

越後妻有 雪花火

http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_20140301_01

 

越後妻有 大地の芸術祭の里

http://www.echigo-tsumari.jp/

 

紅葉や落ち葉でアートやデザインを考える

常日頃デザインに関して、あれこれ考えています。

先日外出中のことです。

綺麗に紅葉していた落ち葉が濡れていたところを、ちょうどダッシュしていましたら、みごとに転びまして。。

そこでふと思った事は、紅葉や落ち葉を使用し、何か良いものを作れないのかなあと思い、ちょっと妄想していました。

「紅葉カーペット」

紅葉に薬品をつけて、固める。その後カーペットの下地材と固める。薬品、接着方法及び強度など要検討。

「紅葉ランプシェード」

紅葉を固める。固めた落ち葉を照明のランプシェードのフレームに接着。

「紅葉シャツ」

紅葉を固める。紅葉や落ち葉が直に体に接するとチクチクするので外側に落ち葉を貼る。。

この他にも色々と妄想をしましたが、薬品といいますか塗料がポイントですよね。

その薬品といいますか塗料を調べましたら、ありました。

モッドポッジ(Mod Podge)というものを紅葉に塗る事で固くなるようです。

まあ上記のカーペットとシャツは実用性がかなり低いというか無理な気もしますが。。

まあ紅葉ランプシェードも。。。商品というよりかアートとしての作品としては良いのかもしれません。

耐久性など気になる点は多々ありますが、、、

 

そこで、既に紅葉や落ち葉を用いてデザインをされている方を調べました。

落ち葉ですが、いらっしゃるんですね~。

Gabee Meyer painted leaves2

落ち葉にペイントを施すブラジルサンパウロ出身のアーティストGabee Meyerデザインです。

イラストレーターやパターンデザインなどされているようです。

色合い綺麗ですよね~。

その他にも落ち葉にペイントされている作品をネット上の画像を見ましたが、

Gabee Meyer氏の作品に一番惹かれました。

 

Gabee Meyer painted leaves1

その他の作品も下記URLから御覧頂けます。

Gabee Meyer painted leaves

http://www.behance.net/gabeemeyer

 

落ち葉は、腐葉土としてリサイクルという既に使い道はありますが、

形も色も微量に違う紅葉や落ち葉を用いたデザインや展示会とかって楽しいかもしれませんね。

 

最後にちょっと番外編といいますか。

ぽっとする素敵な写真が!!!

こちらのサイトの上から三番目の写真です。

http://fujiko-museum.com/blog/?p=14059 

ぽっとしませんか?

素敵です。

 

オシャレなイルミネーションin italy ルーチダルディスタ (Luci d’artista)

かつて照明メーカーに勤めていた事もありますので、光は好きな分野で~す。

オシャレなイルミネーションのお話です。

イタリアのトリノで、 ルーチ ダルティスタ(Luci d’artista)というイルミネーションの展示会があります。

Luci dartista

トリノの町全体で芸術家の方々の光を扱った作品が展示されるようです。

上の写真はその一部の作品です。

この他にも町全体に作品が展示されます。

東京デザイナーズウィークの海外イルミネーション版という感じですかね。

屋外で、町のあちこちで展示されるというのが、町の雰囲気を感じられて良いですよね。

一度は行ってみたいです。

ルーチダルディスタ (Luci d’artista)

http://lucidartista.comune.salerno.it/static/luci_dartista/LUCI_D-ARTISTA_2013-4802.aspx

ホームページも非常に綺麗です。

ギャラリー画像は、幻想的で画像も綺麗なので癒されますよ~。

是非ご覧下さ~い。

 

ルーチダルディスタ以外にも気になりましたイルミネーションも載せます。

 

スペイン マドリッド アルカラ通り

arukara-street

マドリッドの中心街でもソル広場、カジャオ通りでもイルミネーションが見れるようです。

パリの百貨店 ギャラリーラファイエット

galerieslafayette

アートディレクターはイタリア人のヴァレリオ・フェスティ氏です。

神戸ルミナリエと東京ミレナリオのアートディレクターも担当されました。

http://www.galerieslafayette.com/

 

なばなの里 ウインターイルミネーション

nabananosato

トンネル内のイルミネーション。

こちらも幻想的ですよね。

100メートルと200メートルあるようです。

この他にも富士山や水上イルミネーションなどもあるようです。

なばなの里は、名古屋から車で30分のようです。

ウインターイルミネーションに関しましては、2013年10月31日~2014年3月31日まで開催されているようです。

なばなの里 イルミネーション

http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/illumination/index.html/

 

世界は広い!一度は行ってみたい海外のクリスマス

本日は、海外のクリスマスのお話です。

海外のクリスマスを色々と調べた結果、クリスマスシーズンに一度は訪れたところを書きました。

まずは、パリエッフェル塔です。

Eiffel Tower

パリでクリスマスオシャレですね。

近くのシャンゼリゼ通りのイルミネーションもされていますし、クリスマス時のパリは特に良いですね。

champs elysees

シャンゼリゼ通りは、世界一綺麗な通りと称されています。

クリスマスシーズンではありませんが、僕もシャンゼリゼ通りに行きましたが、昼間でも綺麗でした。

通りの幅が広くて100メートル。2キロにも伸びる通りがゆったりとしていて、快適です。

視界が広いというか、凱旋門が見えているというのがポイントですよね。

オシャレなカフェもありますし、雰囲気良さそうですね。

 

ちなみに十数年前にフランスに行った事がありますが、最高級の貧乏旅行のため、

嘘偽りなくフランス滞在中に食べたものは、フランスパンとオリスサーディンのみでした。

次回行く機会がありましたら、おいしいものでも食べたいとこです。

クリスマスシーズンではシャンゼリゼ通りを含め、モンパリナス、トロカデロ広場、サンジェルマン大通りなどで

クリスマスマーケットをされているようです。

シャンゼリゼ大通りのイルミネーション
開催期間:2013年11月20日~2014年1月9日
点灯時間18:00~23:50

 

それから、世界で有名なクリスマスマーケットといえばドイツニュルンベルグのクリスマスマーケットです。

400年の歴史があります。

nuremberg

教会前の広場を中心として、多くマーケットが出店されますが、昔からの伝統を守り、出店する際の審査が大変厳しいようです。

クリスマスのおもちゃや手工芸品、ワイン、ソーセージ屋さんなど出店されます。

10店に1店がホットワイン屋さんというぐらいホットワインが多いそうです。

ドイツのホットワインは、グリューワイン。

グリューワインは、赤ワインに多くの香辛料やオレンジ、レモンを入れて温めるホットワインです。

普段あまりワインは飲みませんが、ホットワインいいですよね~。

グリューワインとソーセージ。

最高ですね~。

小生は、赤ウインナーも好きですが、やはりソーセージですよね。

 

さらにドイツは世界最古のドリスデンのクリスマスマーケットもあります。

dresden

ドレスデンはなんと1434年からクリスマスマーケットを開催されていたようです。

室町時代ですよ!日本では1467年に応仁の乱ですから、いかに歴史があるのかが分かります。。。

ドイツ人の間でも一番人気があるクリスマスマーケットがドレスデンのようです。

ドイツはニュルンベルグ、ドレスデンさらにミュンヘンでもクリスマスマーケットが開催されます。

クリスマスシーズンをドイツで過ごすのもいいですよね~。

 

埼玉県熊谷newland 新しい施設でオススメです

本日のお話は、先日仕事のついでに行ってきました埼玉県のnewlandという施設のお話です。

newland

施設の場所は、埼玉県熊谷市にあります。

以前は、大型クレーンの教習場でしたが、リノベーションして新たに生まれた施設です。

ちなみに僕は、リノベーションした建築物が好きです。

倉庫だったところをオフィスにしたり、学校だったところをお店などにしたりなど

通常の機能を満たすための空間ではない特異な雰囲気に仕上がっているところが好きです。

 

話がそれてしまいましたが、、

 

newlandは、40mを超える倉庫だった部分をショッピングモールにしています。

そこにパン屋さんや生活用品のショップやセレクトショップ、飲食店までありました。

また違う棟には、海外のアイテムのショップからギャラリーもあります。

都内のショッピングモール等はテナントとして、入っているお店もさほど変わりがない傾向となってしまっていますが、

newlandならではのお店があります。さらに、ショップ以外にも巨大なドックランや果樹園もありました。

また期間限定などで様々な教室もされています。

ちなみに今は、スケートボード教室も開催されています。

スケートボードの教室は、キッズだけではなく、大人から始めるスケートボードという内容も開講されていました。

おしゃれなショップから、ドッグラン、果樹園までと何だか今までにないような施設ですよね。

都内のショッピングモールよりもお客様層が幅広い印象を受けました。

なかなかこのようなコンセプトの施設がないですよね。

 

一度は訪れて頂きたい施設です!

 

オススメです。

 

newland

http://www.new-land.jp/