木製ベンチ デザインにこだわる3作を厳選!

住宅などでベンチってあまり使用しないと思われがちです。

というのも部屋の中では背もたれ付きのソファーの方が断然快適です。

しかしソファーの場合、重量があります。

それは固定の状態に近く、容易に動かせないという側面もあります。

フレキシブルに部屋を使用したいという方にはベンチの方がオススメです。

ということで木製ベンチを厳選しました。

今回はデザインに加えて、比較的移動が楽な木製ベンチという点から選んでいますので、

背もたれなしの木製ベンチ限定となります。

 

「ネルソンプラットフォームベンチ」

Nelson Platform Bench3 (hhstyle.com HPより転載)

George Nelson(ジョージ・ネルソン)氏デザインです。

座面はメープル材。

脚部はメープル材に黒塗装です。

名作家具と言われる家具を扱うお店では頻繁に見る木製ベンチです。

フラットな座面のためベンチ以外用途のテレビ台、ディスプレイ台として

使用してもモノが傾く心配がありません。

多用途な木製ベンチです。

白に近い色味と黒のコントラストが置く場所を限定しないデザインだと思います。

Nelson Platform Bench2 (hhstyle.com HPより転載)

下記サイトで詳細確認出来ます。

hhstyle.com

http://www.hhstyle.com/

 

「REX Folding Bench」(レックスフォールディングベンチ)

REX-Folding -Bench1 (リグナ東京HPより転載)

1952年にデザインされたプライウッドの木製ベンチです。

スロベニアを代表するデザイナー Niko Krali(ニコ・クラリ)氏がデザインされました。

プライウッドの家具といえばアメリカのイームズ夫妻。

イームズ夫妻と並び著名なデザイナーです。

プライウッドを用いたデザインでヨーロッパにおいては先駆け的存在でした。

REX-Folding -Bench2 (リグナ東京HPより転載)

こちらの木製ベンチの良いところですが、脚部分が折り畳み可能となっています。

コンパクトに収納出来る非常に使い勝手の良い木製ベンチです。

50年以上も前にデザインされたにも関わらず、スマートなデザイン、大変綺麗なデザインのベンチですよね。

詳細は下記サイトで確認出来ます。

リグナ東京

http://www.rigna.com/

 

「Scrapwood Bench」(スクラップウッド ベンチ)

Scrapwood Bench (CIBONE HPより転載)

Piet Hein Eek (ピート・ヘイン・イーク)氏デザインです。

スクラップ材木と工場廃棄物から廃材をウレタン塗装しているベンチです。

「最終的な形となる工程を省き、完璧なモノにするのではなく素材ありきのデザインする」

というのがコンセプトのベンチです。

Scrapwood Bench2 (CIBONE HPより転載)

同じテイストのアーム付木製ベンチ「スクラップウッド アームベンチ」も発売されています。

非常に存在感のあるデザインの木製ソファーです。

廃材といえば「オールフロムボート」とテイストが近いですよね。

以前こちらのブログで「オールフロムボード」を記事取り上げていますので、

よろしければ御覧下さい。

「空間のアクセントに! 船の廃材で家具 オールフロムボート」

http://www.craftconferenceroom.com/rare-forniture/space-accent-furniture-by-scrap-wood-of-the-ship-all-from-boats.html

 

「スクラップウッドベンチ」は下記サイトで詳細を確認出来ます。

CIBONE

http://www.cibone.com/

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>