世界は広い!一度は行ってみたい海外のクリスマス

本日は、海外のクリスマスのお話です。

海外のクリスマスを色々と調べた結果、クリスマスシーズンに一度は訪れたところを書きました。

まずは、パリエッフェル塔です。

Eiffel Tower

パリでクリスマスオシャレですね。

近くのシャンゼリゼ通りのイルミネーションもされていますし、クリスマス時のパリは特に良いですね。

champs elysees

シャンゼリゼ通りは、世界一綺麗な通りと称されています。

クリスマスシーズンではありませんが、僕もシャンゼリゼ通りに行きましたが、昼間でも綺麗でした。

通りの幅が広くて100メートル。2キロにも伸びる通りがゆったりとしていて、快適です。

視界が広いというか、凱旋門が見えているというのがポイントですよね。

オシャレなカフェもありますし、雰囲気良さそうですね。

 

ちなみに十数年前にフランスに行った事がありますが、最高級の貧乏旅行のため、

嘘偽りなくフランス滞在中に食べたものは、フランスパンとオリスサーディンのみでした。

次回行く機会がありましたら、おいしいものでも食べたいとこです。

クリスマスシーズンではシャンゼリゼ通りを含め、モンパリナス、トロカデロ広場、サンジェルマン大通りなどで

クリスマスマーケットをされているようです。

シャンゼリゼ大通りのイルミネーション
開催期間:2013年11月20日~2014年1月9日
点灯時間18:00~23:50

 

それから、世界で有名なクリスマスマーケットといえばドイツニュルンベルグのクリスマスマーケットです。

400年の歴史があります。

nuremberg

教会前の広場を中心として、多くマーケットが出店されますが、昔からの伝統を守り、出店する際の審査が大変厳しいようです。

クリスマスのおもちゃや手工芸品、ワイン、ソーセージ屋さんなど出店されます。

10店に1店がホットワイン屋さんというぐらいホットワインが多いそうです。

ドイツのホットワインは、グリューワイン。

グリューワインは、赤ワインに多くの香辛料やオレンジ、レモンを入れて温めるホットワインです。

普段あまりワインは飲みませんが、ホットワインいいですよね~。

グリューワインとソーセージ。

最高ですね~。

小生は、赤ウインナーも好きですが、やはりソーセージですよね。

 

さらにドイツは世界最古のドリスデンのクリスマスマーケットもあります。

dresden

ドレスデンはなんと1434年からクリスマスマーケットを開催されていたようです。

室町時代ですよ!日本では1467年に応仁の乱ですから、いかに歴史があるのかが分かります。。。

ドイツ人の間でも一番人気があるクリスマスマーケットがドレスデンのようです。

ドイツはニュルンベルグ、ドレスデンさらにミュンヘンでもクリスマスマーケットが開催されます。

クリスマスシーズンをドイツで過ごすのもいいですよね~。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>