自然な形でもスタイリッシュな家具 GERVASONI(ジェルバゾーニ) 

自然な形でもスタイリッシュな家具のお話です。

GERVASONI(ジェルバゾーニ)

「Brick」 collection オットマン

※写真はすべてGERVASONI TOKYO HPから転載

brick1

東南アジア原産wrightia(ライティア)という木の幹の表皮を剥いだ後に

最終的にハンドメイドで仕上げています。

brick2

こんな事を言ってしまうと叱られてしまいそうですが、、、。

よくキャンプ場や山小屋にありそうなものですが、、、。

野暮ったい思い印象になりそうですが、

しかし、表皮を剥いで綺麗に仕上げているので、

非常に綺麗でスタイリッシュな印象を受けます。

色味がややホワイト系という点とフラットな仕上がりだからでしょうか。

 

こちらの「Brick」シリーズは、テーブルも発売されています。

brick5

脚のサイズが、400~600φという非常に太い脚の机です。

脚にボリュームがありますので、重厚な印象ですよね。

反対に天板は、ごくごく薄い鉄板なので脚との対比が絶妙なバランスだと思います!

ここまで脚が太いと丈夫ですし、安全面もカバー出来そうです。

 

GERVASONI(ジェルバゾーニ)は、1882年創業のイタリアの老舗家具ブランド会社です。

有名な建築家やデザイナーを起用し、家具を発売されています。

GERVASONI(ジェルバゾーニ)のアートディレクターを務めているのは、

デザイナーのpaola navone(パオラ・ナヴォーネ)氏です。

 

こちらは、GERVASONI(ジェルバゾーニ)のLOGシリーズのオットマン

log1

log3

丸木の周りを艶のあるラッカー塗装で仕上げています。

木の断面という非常に自然な要素のものに対して、

人工的なしかも光沢ある塗装を合わせるている点が、

非常に新しい印象を受けます。

黒塗装なので和風やオリエンタルな空間にも合いそうな気がします。

log2

自然なもの形に対して、絶妙なセンスを加えている家具ですよね!

GERVASONI(ジェルバゾーニ)の家具は、以前の日本国内では、コンランショップなどでの

取扱いでしたが、現在は南青山に本店があります。

関西地区は、阪急うめだ本店7階comfortQの中に出店されています。

 

GERVASONI TOKYO (ジェルバゾーニ東京)

http://gervasoni.jp/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>