空間のアクセントに! 船の廃材で家具 オールフロムボート

本日は空間のアクセントになるモノの話です。

インドネシアの船の廃材から作られている家具ブランド

「ALL FROM BOATS(オールフロムボート)」

allfromboats3画像「オールフロムボート」サイトから転載

「船の廃材から作られている家具のため、同じものが一つもない」

というのがブランドコンセプトとなっています。

オールフロムボートは、ドイツ人のデザイナーKurt Eichhorn氏が2007年に始めたブランドです。

Kurt Eichhorn氏は、元々テキスタイルデザインをされていたようです。

船の廃材ですが、高級素材として知られていますチーク、マホガニー、ウリン材など

比較的硬い材料を用いられているようです。

廃材を利用するリサイクル家具は、木材の伐採から作る家具よりもコストが掛かる場合もあると言われています。

コスト高にも関わらず、地域環境のために船の廃材による家具づくりをされているようです。

allfromboats4画像「オールフロムボート」サイトから転載

オールフロムボートの家具に関して感想を書かせて頂きます。

元々は船として使用していたので、多少外部で使用しても大丈夫なのかなと。便利かと思います。

また新品で購入した家具は、傷が付いてしまわないように始めは慎重に使用しがちかと思いますが、

オールフロムボートの家具は、多少の傷が付いてしまっても目立たないので、

慎重に使用する必要もないのも良い特徴の一つではないでしょうか。

allfromboats1画像「オールフロムボート」サイトから転載

そして、オールフロムボートの一番の特徴が歴史のある素材を用いているという点です。

現在の塗装技術により、アンティーク調に似せた家具だったり、オールフロムボートと同じような家具を

作る事は可能なのかもしれません。

しかし、実際にインドネシアで何十年も船として使用していた歴史ある素材を用いた家具というのは、

見た目だけ似せたものとは違う本当の歴史を感じさせてくれる家具だという気がします。

独特なカラーと風合いに本物の歴史が宿るオールフロムボートの家具は、

非常に存在感があり、空間のアクセントになるのではないかと思いました。

 

オールフロムボートは、テーブル、スツール、チェア、ポスト、ベビーチェアやスチール製のアンティークの椅子なども

扱っているようです。

allfromboats6画像「オールフロムボート」サイトから転載

 

オールフロムボート 日本総代理店  ALL FROM BOATS

http://www.allfromboats.jp/

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>