正真正銘本物のフローリング WOODPRO杉足場フローリング

本日は、どうしてもお話しておきたい建築材料のお話です。

現在一般的に使用されているフローリングは下地に木の模様に模したシートで

張られているのが一般的でありますが、

本日お話したいフローリングは、杉足場板のフローリングです!!!

 

杉足場板のフローリングはWOODPROという広島に本社があります会社様が販売されています。

こちらの足場板のフローリングは、実際に建設現場の足場板として使用されていた杉板を

慎重にメンテナンスなどを行い、フローリングとして新たに蘇らせているものです。

 

どんなに発達した機械技術があったとしても生み出せない大変味わい深い仕上がりです。

店舗や住宅等の施工写真を見て、渋いフローリングだなあと思うものは

大体杉足場板のフローリング等を使用されています。

 

WOODPROの足場板フローリング

これは、渋すぎます。

完成施工写真だとより良さが伝わるんですが。。。

WOODPROのホームページで色々な施工写真を見てきましたが、

レトロな空間にはもちろんマッチしますが、

シックでモダンな空間にも不思議なほどマッチしていました。

しかし、賃貸派の方で、フローリングの貼り換えはちょっとという方。

そんな方にオススメなものもあります。

ただしDIY好きな人限定となってしまいますが。

5mm厚「T-5シリーズ」の杉足場板材があります。

DIYで作られた家具などの仕上げ材にオススメです。

机やカウンターなどの天板、本棚、収納などの側板など。

5ミリの厚み分、小口を考慮した設計や

既存の家具の上に貼る場合、小口の処理などに関して

考える手間などが出て来てしまいますが。

良い感じの渋さを実現したい方には、そのような手間も大した問題じゃないかなと

思われます。

ホームページには5ミリ厚のため、カッターでカット出来るようです。

のこぎりなどがない方でも出来るのもポイントですよね。

さらに両面テープでも貼り付け可能との事。

 

杉足場板フローリング

おススメです!!!

天然のものっていいですよね~!

施工写真などは、下記公式ホームページで確認出来ますので、是非とも御覧頂ければと思います。

 

株式会社 WOODPRO

http://www.ashiba21.com/

 

御存じの方も多いかと思いますが、建築材料の在庫状況などは、時期により変動します。

DIYの方も着手する前に必ず在庫状況の確認をオススメします!

 

今後もオススメの木製資材や木製材料などありましたら、

こちらのブログで紹介していきたいと思いますので、

よろしくお願いします!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>